■■■ 物理頭のシステム屋が、経済の現場を因数分解する ■■■



企画・運営 ネクストライフ・コンサルティング 〜 これからが、面白い人生の始まりだ! 〜

トップページ 職 員 室 学 習 室 実 験 室 図 書 室


職 員 室


はじめまして

今年の抱負

私の校外学習

私の生涯学習


私のコラム


私のおすすめ本







『生活経営セミナー』 のご案内へ

『無料メルマガ』 の登録へ






■■■ ピカイチ先生の 『日記』 生活経営編 ■■■



【 ガーデニング 】

芝生を再生した。
只今、
養生中です。
(2018年09月10日)
原寸大の写真へ
わが家の四季ヘ



文系頭の「創意」と理系頭の「工夫」との融合


 あるシステム屋から教わった。

 「システムには、[人間主義]と[自然主義]との二面がある」

 「人間主義では、システムは[人間の法律]に従う」
 「原則は、『(人間に)できないことは、ありえない』だ」
 「文系頭が好む原則で『人間が作る法律は常に変わり続ける』」

 「自然主義では、システムは[自然の法則]に従う」
 「原則は、『(人間に)できないことは、できない』だ」
 「理系頭が好む原則で『自然の真の法則は変わることがない』」

 「(ところで)システムの老朽化が問題になったとき、」
 「システム開発者として、お前はどうするかな?」
 「(自然主義ではなく)人間主義で考えてみろ!」

 「(自然主義と同じく)2つのアプローチ(思考の方向性)がある」

 「(一つ目は)[有識者]として、」
 「『どうしようか?(How)』と、考え始める」
 「理系頭(自然主義)の[技術者]のようにね」

 「(もう一つは)[哲学者]として、」
 「『なぜ(Why)、陳腐化したのか?』と、考え始める」
 「理系頭(自然主義)の[科学者]のようにね」

 「ここからが大事なことだ(だからよく聞け)」

 「システムにより、人間主義と自然主義の[加重]が異なる」
 「(たとえば)年金の[制度システム]は、」
 「[自然の法則]より[人間の法律]から強い制約を受ける」
 「(一方)年金の[管理(コンピュータ)システム]は、」
 「[人間の法律]より[自然の法則]から強い制約を受ける」

 「いま、あちらこちらで、老朽化したシステムの自壊が始まった」

 「問題解決には、[新システム]への切り替えが要る」
 「[新システム]を[創造]するには、」
 「[人間の法律]と[自然の法則]との[融合]が要る」
 「[哲学者]と[科学者]との融合が要る」
 「文系頭の[創意]と、理系頭の[工夫]との、[融合]が要る」


ピカイチ先生のプロフィールへ
塾 長
(ピカイチ先生)


 このコラムは、メルマガ「ピカイチ生活経営便り」からの抜粋です。
 メルマガ「ピカイチ生活経営便り」では、生活経営に役立つ情報をお届けします。

前へ   一覧へ  次へ
[2018年]