■■■ これからが、面白い人生の始まりだ! ■■■



〜 物理頭のシステム屋が、経済の現場を因数分解する 〜

トップページ 職 員 室 学 習 室 実 験 室 図 書 室


職 員 室


はじめまして

本年の抱負

校外学習

生涯学習


コ ラ ム


おすすめ本








『生活経営セミナー』 のご案内へ

『無料メルマガ』 の登録へ



【企画・運営】

自立と創造のパートナー

ネクストライフ・コンサルティングのホームページへ

ネクストライフ・
コンサルティング





■■■ コ ラ ム ■■■

【 スイセン 】

スイセンの蕾が、
膨らみました。
私は黄色です。
(2020年03月16日)
原寸大の写真へ
わが家の四季ヘ

やっと、つながった


  3月14日、常磐線全線が運転再開した。やっと、つながった。陸の孤島であった原ノ町駅に、特急「ひたち」が帰って来た。

 「(一番の特急列車を)見に行かないと」 前夜のわが家は、卒業式を明日に控えた中学生のようだ。明日は、大切な人生の節目だ。嬉しさの中に、緊張と不安が混じる。

 一番の特急列車は、11時07分発品川行だ。最寄りの踏切の通過時刻は、11時10分。11時丁度、「(さあ)行くぞ」と妻に声をかけた。

 冷たい雨が降っている。最寄りの踏切に到着すると、カメラマンが一人待機していた。

 「(私たちは)陸橋の上に行こう」
 「(傘を振って)警笛を鳴らしてもらおう」
 「(陸橋の上なら)運転手からよく見えるだろう」

 陸橋には誰もいない。吹き曝しのため、冷たい雨が顔と手に刺さる。寒さに耐えながら、1キロ先の原ノ町駅を見守る。陸橋から原ノ町駅までは、一直線だ。

 「来たぞ」 特急列車が駅に到着した。白色のヘッドライトが、眩しい。レーザー光線のようだ。やがて、だんだんと、白い光の塊が、大きく、力強くなってきた。

 無観客試合の神宮球場。外野席に、私たちだけがいる。どうしてそうなったのかは、わからない。「私たちが応援しないで、誰がするんだ」 おかしな使命感がこみ上げる。

 ブンブン丸・池山の打った白球が、一直線にこちらへ飛んでくる。「来たぞ」 間近に迫った閃光に、傘を上下に振る。二人が用意した傘は 4本。青とオレンジと白とピンクの 4色だ。

 特急列車の警笛が聞こえた。北に向かう白鳥の群れのようだ。励まし合うような鳴き声である。とても穏やかだ。

 ピンポ〜ン。ピンポ〜ン。ピ〜ン。


原寸大の写真へ  原寸大の写真へ
ピカイチ先生のプロフィールへ
塾 長
(ピカイチ先生)


 このコラムは、メルマガ「ピカイチ生活経営便り」からの抜粋です。
 メルマガ「ピカイチ生活経営便り」では、生活経営に役立つ情報をお届けします。


前へ   一覧へ  次へ
[2020年]