■■■ これからが、面白い人生の始まりだ! ■■■


〜 物理頭のシステム屋が、経済の現場を因数分解する 〜

ホ ー ム 職 員 室 学 習 室 実 験 室 図 書 室


職 員 室


はじめまして

今年の抱負

校外学習

生涯学習


コ ラ ム


おすすめ本





『生活経営セミナー』 のご案内へ

『無料メルマガ』 の登録へ

【企画・運営】
自立と創造のパートナー
ネクストライフ・コンサルティングのホームページへ

ネクストライフ・
コンサルティング



【 夏ミカン 】

夏ミカンの実が、
膨らみました。
只今10センチ。
原寸大の写真へ
わが家の四季ヘ
2020年09月28日

災害時用の備蓄品の棚卸


 現在、災害時用の備蓄品の棚卸を行なっている。

 わが家では、非常用に 1週間分の生活物資を備蓄している。東日本大震災と原発事故の体験から、家庭における備え(自助)の大切さを実感したからだ。

 3月と 9月に、災害備蓄品の棚卸を行なう。備蓄品の消費期限・有効期限を確認し、必要なものは買い替える。飲料水(ペットボトル)は、毎回買い替える。

 今回、新型コロナ対策として、紙マスク、手洗い用アルコール、うがい薬を追加した。また、台風対策として、養生テープの備蓄量を増やした。

(実は)災害時用の備蓄品の棚卸を、3月と 9月に行うのには理由がある。平時の生活備蓄品の棚卸も、同時に行なうからだ。

 手持ちの商品券の有効期限を確認し、期限切れによる損失を防ぐ。株主優待でいただく商品券の有効期限は、3月と 9月が多い。上場企業の会計年度末が 3月に集中しているためである。


ピカイチ先生のプロフィールへ
塾 長
(ピカイチ先生)


 このコラムは、メルマガ「ピカイチ生活経営便り」からの抜粋です。
 メルマガ「ピカイチ生活経営便り」では、生活経営に役立つ情報をお届けします。


前へ   一覧へ  次へ
[2020年]