■■■ これからが、面白い人生の始まりだ! ■■■


〜 物理頭のシステム屋が、経済の現場を因数分解する 〜

ホ ー ム 職 員 室 学 習 室 実 験 室 図 書 室


職 員 室


はじめまして

本年の抱負

校外学習

生涯学習

コ ラ ム


おすすめ本









『生活経営セミナー』 のご案内へ

『無料メルマガ』 の登録へ


【企画・運営】
自立と創造のパートナー
ネクストライフ・コンサルティングのホームページへ

ネクストライフ・
コンサルティング




2006年03月06日

東大で教えた社会人学
人生の設計篇


本の詳しい説明へ 【出版社】 文藝春秋
【著者名】 草間 俊介、畑村 洋太郎
【出版日】 2005年1月
【価 格】 1,470円(税別)
【対象者】 初心者 (・破・離)



 1980年代、多くの会社の社長は文系出身者で占められていた。「失敗学のすすめ」を説く畑村氏は、経営における自然原理の欠如を危惧していた。

 とかく技術者は、目の前の研究・仕事のみに没頭しがちである。社会や経済から距離を置き、社会経験や経済知識といったスキルを身につける機会を損失し、社長としての器が育成されない。

 東大で工学を教えていた畑村氏は、「社長になれる技術者をつくりたい」という想いがあった。この想いを形にしたのが「産業総論」という授業である。教壇には、技術系の出身でありながら商社に就職した草間氏が立った。

 本書は草間氏の講義をまとめたものである。テーマは、就職・会社・生き方・老後と、就職から老後までの生涯にわたる。「お金」や「組織」に関する現実を、とても端的に語られている。

 経済常識としては「お金」が、社会常識としては「組織」が、現実の世界で大きな力を持っている。この現実がどのように出来上がり、どの様に機能しているのか? これからどのように変わるのか? 自分の人生設計を考える上でとても有意義な一冊である。

ピカイチ先生のプロフィールへ
塾 長
(ピカイチ先生)

アマゾンで購入へ

 このコラムは、メルマガ「ピカイチ生活経営便り」からの抜粋です。
 メルマガ「ピカイチ生活経営便り」では、生活経営に役立つ情報をお届けします。


前へ   一覧へ  次へ
[2006年]