■■■ これからが、面白い人生の始まりだ! ■■■



〜 物理頭のシステム屋が、経済の現場を因数分解する 〜

トップページ 職 員 室 学 習 室 実 験 室 図 書 室


職 員 室


はじめまして

私の抱負

私の校外学習

私の生涯学習

私のコラム


私のおすすめ本









『生活経営セミナー』 のご案内へ

『無料メルマガ』 の登録へ



【企画・運営】

自立と創造のパートナー

ネクストライフ・コンサルティングのホームページへ

ネクストライフ・
コンサルティング





■■■ 私のおすすめ本 ■■■




「お金の国・日本」の歩き方


本の詳しい説明へ 【出版社】 小学館
【著者名】 方波見 寧
【出版日】 2003年7月
【価 格】 1,200円(税別)
【対象者】 初心者 (・破・離)



 ルーキー君は、スター先生に引率されて「経済の島」と「金融の島」を旅する。旅の途中でルーキー君はいろいろな光景を目にし、いろいろな疑問を持つ。スター先生は、その都度わかりやすく説明してくれる。

 日常生活の中で営まれている経済活動や金融活動を肌で感じながら、お金の勉強と二人の旅は続く。時には鳥になって上空から島全体を見渡し、大きなお金の流れを見ることもある。

 著者は全米でNo1のファイナンシャルプランナーから技術指導を受けた。その経験を生かして、本書の構成は楽しみながら「経済」と「金融」の知識を深められるようになっている。

 本書は、日本における「経済」と「金融」のしくみについて解説したものである。長期低迷が続く日本経済、そのからくりを知ることができる。日本の国民として、ひとりの生活者として、これからどうしなければいけないのか? 考えるヒントを与えてくれる。

 投資を始めたいが、経済や金融が「わからないので」「つまらないので」「考える暇がないので」と感じられている方に、ぜひおすすめしたい。

ピカイチ先生のプロフィールへ
塾 長
(ピカイチ先生)

アマゾンで購入へ

 このコラムは、メルマガ「ピカイチ生活経営便り」からの抜粋です。
 メルマガ「ピカイチ生活経営便り」では、生活経営に役立つ情報をお届けします。


前へ   一覧へ  次へ
[2006年]