■■■ これからが、面白い人生の始まりだ! ■■■


〜 物理頭のシステム屋が、経済の現場を因数分解する 〜

ホ ー ム 職 員 室 学 習 室 実 験 室 図 書 室


職 員 室


はじめまして

本年の抱負

校外学習

生涯学習

コ ラ ム


おすすめ本









『生活経営セミナー』 のご案内へ

『無料メルマガ』 の登録へ


【企画・運営】
自立と創造のパートナー
ネクストライフ・コンサルティングのホームページへ

ネクストライフ・
コンサルティング




2006年05月01日

バランスシート思考のすすめ!


本の詳しい説明へ 【出版社】 PHP研究所
【著者名】 角川 総一
【出版日】 2003年3月
【価 格】 1,400円(税別)
【対象者】 中級者 (守・・離)



 人がモノを得るには必ず代償をともなう。車を所有するにはお金を支払う。権利を主張するには義務を負う。取引が成立するとき、「得るモノの価値」と「支払う代償の価値」とはバランスする。

 人によって価値観は異なるので、各個人が得るモノと代償を選択する。「楽あれば苦あり」「表があれば裏がある」。結果があれば必ず原因があり、その原因と結果は量的にバランスする。

 バランスシートは物事の因果関係を明示してくれる。家計の現実と、現実をつくり出した原因を明示してくれる。企業などの組織はいざとなれば解散できる。しかし、個人の生活基盤である家計は未来永劫に持続する必要がある。だから、家計におけるバランスシートの重要度は企業のそれよりも重い。

 本書では、家計におけるバンスシートの必要性を説き、実践ノウハウをわかりやすく解説している。これからの変動の時代、家計の経営者である私たちにとって必読の一冊である。

ピカイチ先生のプロフィールへ
塾 長
(ピカイチ先生)

アマゾンで購入へ

 このコラムは、メルマガ「ピカイチ生活経営便り」からの抜粋です。
 メルマガ「ピカイチ生活経営便り」では、生活経営に役立つ情報をお届けします。


前へ   一覧へ  次へ
[2006年]