■■■ これからが、面白い人生の始まりだ! ■■■

ネクストライフ・コンサルティング

〜 物理頭のシステム屋が、経済の現場を因数分解する 〜

トップページ ピカイチ先生 生活づくり 仕事づくり 社会づくり


生活づくり


生活経営とは

メルマガ

セミナー

生涯学習

ツール

講座・講演

コラム


おすすめ本






『生活経営セミナー』 のご案内へ

『無料メルマガ』 の登録へ

『生活経営塾』 のご案内へ

『生活経営ツール』 のご案内へ



■■■ ピカイチ先生の 『おすすめ本』 生活経営編 ■■■




経済ってそういうことだったのか会議


本の詳しい説明へ 【出版社】 日本経済新聞社
【著者名】 佐藤 雅彦、竹中 平蔵
【出版日】 2002年9月
【価 格】 600円(税別)
【対象者】 中級者 (守・・離)



 本書は、CMクリエターと経済学者との会談をまとめたものである。

 CMクリエターは、経済の現状について本質を突く質問を投げる。経済学者は、経済学の存在意義をかけて洗練された解説に努める。一問一答に、二人のゆるぎない人生哲学と、考えることへの真剣さを感じる。

 利己的な利益を理論的に追求するのが経済学である、と多くの人が勘違いしている。しかし、経済学(オイコノミコス)の語源は「共同体のあり方」であり、みんなでどのように生きたらみんなで幸せになることができるかを考える学問である。

 経済学の存在意義から、「お金の役割」「投資の役割」「会社の役割」「税金の役割」「政府の役割」について考えることは、自分の人生を見直す良い機会にもなる。

ピカイチ先生のプロフィールへ
個人投資家
(自分年金実践者)

佐藤 光一
(ピカイチ先生)

アマゾンで購入へ

『無料メルマガ』 の登録へ このコラムは、メルマガ「ピカイチ生活経営便り」からの抜粋です。メルマガ「ピカイチ生活経営便り」では、生活経営に役立つ情報を無料でお届けしています。
前へ   一覧へ  次へ
[2007年]