■■■ 物理頭のシステム屋が、経済の現場を因数分解する ■■■



企画・運営 ネクストライフ・コンサルティング 〜 これからが、面白い人生の始まりだ! 〜

トップページ 職 員 室 学 習 室 実 験 室 図 書 室


職 員 室


はじめまして

今年の抱負

私の校外学習

私の生涯学習


私のコラム


私のおすすめ本







『生活経営セミナー』 のご案内へ

『無料メルマガ』 の登録へ






■■■ ピカイチ先生の 『日記』 生活経営編 ■■■



【 家庭菜園 】

枝豆の収穫が、
始まりました。
私は黒豆です。
(2018年07月23日)
原寸大の写真へ
わが家の四季ヘ



「集まれ」の時代と、「散れ」の時代


 あるシステム屋から教わった。

 「全体設計で壁にぶつかったときは、細部設計に戻れ」
 「細部設計で壁にぶつかったときは、全体設計に戻れ」
 「システム開発とは、全体と細部との[非予定調和]だ」

 「『集まる』が壁にぶつかったときは、『散れ』と号令しろ」
 「『散る』が壁にぶつかったときは、『集まれ』と号令しろ」
 「システム開発のプロセス(工程)は、」
 「『集まれ』の時間と、『散れ』の時間との、繰り返しだ」

 「『われ思う、ゆえにわれあり』」
 「『思いは常に変わる、ゆえにわれも常に変わる』」
 「デカルトの名言だ」

 「[思い]と[われ]は、お互い様で、変わり続ける」
 「ときに[思い]を変えながら、」
 「ときに[われ]を変えながらね」

 「ここからが大事なことだ(だからよく聞け)」

 「[企業]も[国]も、システムのひとつだ」
 「[金融制度]も[政治制度]も、システムのひとつだ」

 「[全体]が壁にぶつっかったときは、[個体]に戻る」
 「[個体]が壁にぶつっかったときは、[全体]に戻る」

 「(残念だが)システムが大きいほど、」
 「方向転換に多くの[時間]がかかる」
 「(結果として)[時間]は、[世代][時代]と膨れる」

 「(だが)システム開発の原則は変わらない」
 「『集まれ』の世代と、『散れ』の世代を、繰り返す」
 「『集まれ』の時代と、『散れ』の時代を、繰り返す」


ピカイチ先生のプロフィールへ
塾 長
(ピカイチ先生)


 このコラムは、メルマガ「ピカイチ生活経営便り」からの抜粋です。
 メルマガ「ピカイチ生活経営便り」では、生活経営に役立つ情報をお届けします。

前へ   一覧へ  次へ
[2018年]