■■■ これからが、面白い人生の始まりだ! ■■■

ネクストライフ・コンサルティング

〜 物理頭のシステム屋が、経済の現場を因数分解する 〜

トップページ ピカイチ先生 生活づくり 仕事づくり 社会づくり


生活づくり


生活経営とは

メルマガ

セミナー

生涯学習

ツール

講座・講演


コラム


おすすめ本





『生活経営セミナー』 のご案内へ

『無料メルマガ』 の登録へ

『生活経営塾』 のご案内へ

『生活経営ツール』 のご案内へ


■■■ ピカイチ先生の 『日記』 生活経営編 ■■■



【 家庭菜園 】

オクラの花が、
咲きました。
私は南国生まれよ。
(2018年08月20日)
原寸大の写真へ
わが家の四季ヘ



「普通」と「オートマ限定」、どちっがいいかな?


 西日本豪雨の被災地の映像を見て、5年前のことを思い出した。息子(大学2)が自動車教習所へ通うに際し、相談に来たときのコトである。

 「[普通]と[オートマ限定]、どちっがいいかな?」

 「[普通]にしろ!」 私は即答し、話を続けた。

 「お前は、原発事故避難で[悔しい体験]をいろいろした」
 「(だが)その[悔しい体験]は、お前の[財産]だ」
 「これからの人生で、きっと、役立つ」

 「原発事故で、わが家は、[平時]から[有事]へ一転した」
 「[平時]には、当たり前と期待していたモノが、」
 「[有事]には、ほとんど役立たないことを知った」
 「お上も、マスコミも、お金も、法律も・・・ね」

 「[有事]の現場では、」
 「[自分(たち)]でやるしか仕方がないコトだらけだ」
 「現場にある[道具]を、現場にいる[人]が使う」
 「『使い方が分からない』の言い訳は、通用しない」
 「『知らなかった』の後悔は、通用しない」

 「がれきが散乱する現場では、きっと、[ダンプ]が役立つ」
 「(だが)ダンプの運転手が、現場にいるとは限らない」
 「(そのときには)自分で運転するしか、仕方がない」

 「(ところで)ダンプは、オートマチック車かな?」
 「(きっと)マニュアル車だろう」
 「(そうだとしたら)ダンプを運転するには、」
 「マニュアル車を運転する[体験]が要る」
 「いざというときのため、マニュアル車を運転する体験が要る」

 「(有事の現場では)」
 「道具を[上手く使えるか]は、問題ではない」
 「道具を[使えるか・使えないか]が、問題だ」
 「ときに、それが人生を分けることになる」


ピカイチ先生のプロフィールへ
個人投資家
(自分年金実践者)

佐藤 光一
(ピカイチ先生)


『無料メルマガ』 の登録へ このコラムは、メルマガ「ピカイチ生活経営便り」からの抜粋です。メルマガ「ピカイチ生活経営便り」では、生活経営に役立つ情報を無料でお届けしています。
前へ   一覧へ  次へ
[2018年]