■■■ これからが、面白い人生の始まりだ! ■■■

ネクストライフ・コンサルティング

〜 物理頭のシステム屋が、経済の現場を因数分解する 〜

トップページ ピカイチ先生 生活づくり 仕事づくり 社会づくり


生活づくり


生活経営とは

メルマガ

セミナー

生涯学習

ツール

講座・講演


コラム


おすすめ本





『生活経営セミナー』 のご案内へ

『無料メルマガ』 の登録へ

『生活経営塾』 のご案内へ

『生活経営ツール』 のご案内へ


■■■ ピカイチ先生の 『日記』 生活経営編 ■■■



【 家庭菜園 】

ナスの収穫量が、
増えてきた。
私は秋ナスです。
(2018年08月27日)
原寸大の写真へ
わが家の四季ヘ



人類には、多様化を繋いで来た知恵がある


 あるシステム屋から教わった。

 「[道具]には、使用上の[前提]がある」
 「この[前提]を外すと、[道具]は上手く機能しない」
 「ときに、[道具]が、勝手に、暴走し、悪さをする」

 「[仕組み]と[人]とを組み合わせた[システム]も同じだ」
 「(例えば)お上、マスメディア、お金、法律・・・などだ」
 「ときに、[仕組み]が暴走し、[人]に害を及ぼす」

 「(ところで)[前提]は、時間とともに変化する」
 「自然や社会などの、環境変化とともにね」
 「(結果として)『システムは陳腐化する』宿命にある」

 「(ところで)システムの陳腐化が問題となったとき、」
 「システム開発者として、お前はどうするかな?」

 「2つのアプローチ(思考の方向性)がある」

 「(一つ目は)[技術者]として、」
 「『どうしようか?(How)』と、考え始める」
 「(結果)応急処置を見出し、現システムを延命させる」
 「応急処置は、即効性に特化するので、一見[生産性]が高い」
 「(だが)問題の本質を先送りするので、[持続性]が低い」
 「(やがて)現システムは、虚構が限界に達し、自壊を始める」

 「(もう一つは)[科学者]として、」
 「『なぜ(why)、陳腐化したのか?』と、考え始める」
 「(結果)[現システム]に替わる、[新システム]を創造する」

 「創造には、[努力]が要るが、努力の99%は報われない」
 「(結果)創造は、一見[生産性]がとても低い」
 「(だが)創造がないと、現システムが自壊を始めたときに、」
 「[仕組み]とともに、[人]も[持続性]を失うことになる」
 「これは、[確率の問題]ではなく、[人類の問題]だ」
 「一回でも準備不足に遭遇すれば、[人類]は絶滅する」

 「ここからが大事なことだ(だからよく聞け)」

 「いつ、どんな環境変化が起こるかは、分からない」
 「[種]を繋ぐ知恵として、生き物は[多様化]する」
 「[人類]にも、その知恵が備わっている」

 「ときに、[技術者]が多数派になりながらも、」
 「目の前の損得勘定から一線を画する[科学者]がいる」
 「(そして)[科学者]を支援する[旦那衆]がいる」

 「[人類]には、今日まで[種]を繋いで来た[実績]がある」
 「その裏には、[多様化]を繋いで来た[知恵]がある」


ピカイチ先生のプロフィールへ
個人投資家
(自分年金実践者)

佐藤 光一
(ピカイチ先生)


『無料メルマガ』 の登録へ このコラムは、メルマガ「ピカイチ生活経営便り」からの抜粋です。メルマガ「ピカイチ生活経営便り」では、生活経営に役立つ情報を無料でお届けしています。
前へ   一覧へ  次へ
[2018年]