■■■ これからが、面白い人生の始まりだ! ■■■

ネクストライフ・コンサルティング

〜 物理頭のシステム屋が、経済の現場を因数分解する 〜

トップページ ピカイチ先生 生活づくり 仕事づくり 社会づくり


生活づくり


生活経営とは

メルマガ

セミナー

生涯学習

ツール

講座・講演


コラム


おすすめ本





『生活経営セミナー』 のご案内へ

『無料メルマガ』 の登録へ

『生活経営塾』 のご案内へ

『生活経営ツール』 のご案内へ


■■■ ピカイチ先生の 『日記』 生活経営編 ■■■



【 ドウダンツツジ 】

ドウダンツツジが、
色付きはじめた。
赤く燃えます。
(2018年10月15日)
原寸大の写真へ
わが家の四季ヘ



電話番号の記載を削除した


 ホームページから電話番号の記載を削除した。会社への連絡は、メールのみとさせていただいた。

 個人事業を生業とするわが家では、私の[持ち時間]が[生活づくり]のボトルネックであり、[仕事づくり]のボトルネックであり、[健康づくり]のボトルネックである。

 1日24時間を、どう有効に過ごすか? 私が出した結論は、[時間]を[生活づくり][仕事づくり][健康づくり]に分割せずに、できるだけ融合することだ。

 [生活づくり]をしながら[仕事づくり]をするには?
 [生活づくり]をしながら[健康づくり]をするには?

 たとえば、スーパーでの買い出しは、仕事や投資に役立つ現場情報の宝庫である。同時に、往復の道は、日課の散歩を兼ねている。

 私は、[生活づくり]をしながら、[仕事づくり]をしながら、[健康づくり]をしながら、今を生きている。

 だから、〇〇時から□□時までが[仕事]時間、□□時から△△時までが[遊び]時間、△△時以降が[睡眠]時間、そんな[時間割]がない。

 一方、仕事のために電話番を[専任]する時間をとれない。電話番を雇う余裕もない。さて、どうするか?

 「できないものはできない」。物理頭のシステム屋が下した決断は、「仕事での電話連絡をやめる」だ。幸いにも、仕事での情報のやりとりは、メールがほとんどだ。

 21世紀に向けて、わが家では、生活基盤の更新に挑戦している。そのひとつが、『[仕事]と[生活]との[壁](境界)をなくす』だ。仕事での電話連絡の排除は、その実現への第一歩である。


ピカイチ先生のプロフィールへ
個人投資家
(自分年金実践者)

佐藤 光一
(ピカイチ先生)


『無料メルマガ』 の登録へ このコラムは、メルマガ「ピカイチ生活経営便り」からの抜粋です。メルマガ「ピカイチ生活経営便り」では、生活経営に役立つ情報を無料でお届けしています。
前へ   一覧へ  次へ
[2018年]